So-net無料ブログ作成
検索選択

一人旅(1日目 奈良) [旅行]

まとまった休みが取れたので、一人旅に行くことにする。

場所はあおによしの奈良に決めた。そこから先はいろいろなプランを頭の中で考えて、後で決めることにする。今回は移動に便利な車で行くことにした。

6時前に起きて6:30の出発の予定だったが、寝坊してしまった為、9:40出発になった。これで初日は移動のみなることでもよいかなと、いつものことであるが、でだしから適当なのんびりした旅のスタートになった。

昨日買った「まっぷる 歩く奈良 大和路 '08-'09」を手に車に乗り込み出発。

町田インターから透東名高速にのり、一路西へ。
途中のSAで取った富士山
fujisan.JPG

途中、豊田JCで東名高速から伊勢湾岸自動車道に入る。ここまで順調で湾岸も空いている。すぐに四日市JCで東名阪に入り御在所SAで休憩。ガソリンを入れる。ここで新名神高速が2/23から開通しているのを知る。亀山南JCから名阪国道で奈良に向かう予定であったが、ここも変更し、京滋道~京奈道を通り、奈良に3:30に着く。約6時間。

回るところを決めていないので、すぐに奈良公園に行く。駐車場が1回千円と高く、中心から外れたところにある駐車場は安いだろうと思い、行ってみるとここも1回千円。観光シーズンでない2月は車が少なくガラガラなので安くしてもらいたいものだ。しようがないので、そこに止める。


すでに16:00になっていて時間無く大仏や他は遠いので、駐車場に近い高畑の志賀直哉旧居に行く。16:15までと書いてあったが、入れてくれた。ここ。
siganaoya.JPG

そして「暗夜行路」を完成させたのがここ。椅子がちいさい。今の私ではきっと座れないと思う。
anyakoro.JPG

直哉は約10年間ここに住んでいたらしい。ひっそりしているが、説明用のボタンを押すとおじさんの声が響き渡りちょっと恥ずかしい。だれもいないと思っていたら、前にカップルが1組いて、後から若い男3人のスーツ組が入ってきた。平日に観光しているスーツ組をよく見かけるが、これがカラ出張や観光視察出張か?途中で入り口は閉められ、出るときは裏から出てと、係りの人に言われる。

裏から出て、少し歩くと、新薬師寺に着いた。17:00までと書いてあったが、入れてくれた。ここ。
sinnyakusiji.JPG

国宝の本堂は地味な印象ですが、白壁が印象的。ちなみに、「新」は「あたらしい」ではなく霊験「あらたかな」お薬師様という意味であの薬師寺とは関係ないらしい。当時は南都十大寺の一つに数えられ、12,000坪の境内に七堂伽藍甍をならべ、僧一千人もいたらしいが、三十三年後の宝亀11年西塔に落雷で炎上、現本堂のみが焼け残ったという。周囲の東門・南門・鐘楼・地蔵堂は鎌倉期の建造らしい。

薄暗い本堂の中に入ると国宝の本尊の木造薬師如来坐像と、それを囲む等身大の塑造十二神将立像(これも1体を除いて国宝)がある。何といっても十二神将がすばらしい。それぞれ異なる立ち姿で、見ていて飽きないが、暗いのが難点である。それぞれの像には干支が書いてあった。私の干支は珊底羅立像で、他の像よりもちょっとだけ落ち着いていておじさんくさい。有名な伐折羅立像を当時の色彩にデジタルで再現したものがある。こんなのが12体もあるなんて、想像しただけでもすばらしい。

basarab.jpgbasaraa.jpg

新薬師寺を出て、駐車場ももどり、疲れたのでホテルに向かう。ホテルは前日にじゃらんのインターネットで予約した「奈良ロイヤルホテル」ここは駅からはちょっとあるが、温泉スパと朝食バイキングがついて1泊7,000円とお手ごろお値段で泊まれた。駐車場も無料で、ホテルマンの対応も良くよかった。しいてあげれば近くにコンビニが無いことだが、車なので気にならなかった。
nararoiyaru.JPG

少し休んでから夕飯を食べにいく。一人なので場所が限定されるが、ちょっと歩いたところにあるイトーヨーカドーの中の飲食街の奈良には関係ない東京風鰻料理・江戸川の「おひつまぶし」を食べる。これがおいしかった。

ホテルに帰ってから地下にある温泉スパに行き、マッサージ60分コースを頼む。担当のおばちゃんの話だとドラマ「鹿男あおによし」の玉木宏もこのホテルに泊まっていたらしい。綾瀬はるかは知らなかった。

部屋に戻ってあすの予定を立てる。晴れていれば朝8:00から拝観できる法隆寺に行き、薬師寺→唐招提寺→平城京跡→奈良公園ともどり、時間があれば大仏などの有名どころを一気に見る予定。でも雨らしい。雨なら予定は変えずにいけるところまで、ゆっくりいくことにする。

寝る。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。